HOME > 事業計画

 
 

2005年度事業計画

 
IT活用研究会は、会員の互助精神に則り、積極的に異業種交流を図り、経済的地位の向上を目指すものであります。
今年度事業としては、(1)IT活用研究会の定例会の開催。(2)異業種交流会のタイムリーな開催や
イベントへの参加など。積極的に展開し相互交流を深める。
 
機構図

ちばIT活用研究会
(ベイサイド・ビジネスパーク )

IT活用研究会
(1)ITビジネス研修
(2)ITビジネス活用研究
(3)ウエッブコンファレンス
(4)ITサポートサービス
異業種交流会
(1)新製品開発協力
(2)新事業開発協力
(3) 共同受注協力
(4)イベント参加
 
(1)IT活用研究会

研究会を利用するにはホームページを 開設していることが条件としてありますが、持っていない場合は、コーディネーターに作成を依頼(有料)し、とりあえず1ページ設置して頂きます。そして3ヶ月以内に自分で作成 してアップすることを約束していただきます。そのためにインターネットの初心者教育には年間カリキュラムを作成し指導教育に当たります。 また、希望者には会社へ訪問してITに関するサポートをしてまいります。

上級者には、ビジネスへの応用展開などについて、ITビジネス活用研究やコンファレンス形式でスキルアップを図て参ります。

1−1ITビジネス研修
ホームページ作成等の実践的研修を年間カリキュラムを作成して実施。

1−2ITビジネス活用研究
新しいIT技術をタイムリーに研究したり、会員が直面している題材を取り上げて研究する。

1−ウエッブコンファレンス
会員のホームページを参加者全員でコンファレンスし、スキルアップを目指す。

1−4パソコンハード及びソフト面のサポート

会員の会社へ訪問しコンピューター周辺の環境、アプリケーション導入及び使用、ホームページ作成等の、サポートをする。(有料)

 
(2)異業種交流会

会員の直面する各種問題について会員の依頼に応じて協力会を結成し、問題解決に当たります。また、希望者はIT活用研究会へ自由に参加することが出来ます。但し、参加資格はホームページを有するものとしますが、持っていない場合は、コーディネーターに作成を依頼(有料)し、とりあえず1ページ設置して頂きます。そして3ヶ月以内に自分で作成 してアップすることが条件となります。そのため、インターネットの初心者教育には、年間カリキュラムを作成し指導教育に当たります。

2−1新製品開発協力

新製品開発や商品化、販売網に適合した商品企画や開発等において直面する知識、情報、すなわち製造技術、設備、素材、アウトソーシング、包装、印刷などの協力、また会員が有する販売網を利用した会員商品の販売協力、会員の商品の販売サポートなどあらゆる問題に対し相互協力する。

2−2共同開発協力

会員の有する知識、情報、技術、販路などを駆使して新しいコンセプト、新しいジャンルの製品の共同開発及び共同販売。

2−3共同受注協力

産業機器・器具・設備、医療・健康・介護用品及び機器、生活用品等自社技術や自社製造設備、知識、情報だけでは受注できない事業 規模の共同受注など。

2−4イベント参加事業

会員会社の経済、技術的地位向上を図るため、 中小企業テクノフェア、特許流通フェア、 ベンチャーフェア各種展示会等のイベントに積極的に参加する。

       

〒272-0815 ちばIT活用研究会 市川市北方1-11-6
電話:047-300-1131 FAX:047-300-1132

Copyright (C) 1996-2004 IT-Club All Rights Reserved